カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

畜案法改正案が可決・成立

 新たな加工原料乳生産者補給金制度を盛り込む畜産経営安定法の改正案が9日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決・成立した。8日の参院農水委員会の審議では、中山間地域などの条件不利地域で集乳を行う事業者が、地域の全ての生産者から確実に集乳を行うかが懸念されたことから、附帯決議を採択。集送乳調整金の交付要件に「正当な理由なく集乳を拒まない事業者にのみ交付する」と書き込んだ。

 [2017-6-16]