カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

かんがい遺産に4施設申請へ

 農水省はこのほど、国際かんがい排水委員会(ICID)が行う2017年度世界かんがい施設遺産に栃木県那須塩原市の那須疏水など4施設を申請すると発表した。ICIDの審査を通れば、10月にも遺産への登録が決まる。
 申請するのは、▽土淵堰(ぜき)(青森県弘前市、つがる市、藤崎町、板柳町、鶴田町)▽那須疏水(栃木県那須塩原市)▽松原用水・牟呂用水(愛知県豊橋市、豊川市、新城市)▽小田井用水路(和歌山県橋本市、伊都郡かつらぎ町、紀の川市、岩出市)――の4施設。

 [2017-6-16]