カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

列島最前線 ホップの里からビールの里へ 次の50年見据え新たなチャレンジ 岩手・遠野市 TKプロジェクト

 ビールづくりに欠かせないホップの栽培面積が全国一の岩手県遠野市。栽培開始から今年で54年目を迎えるが、栽培面積はピーク時の4分の1以下に減少している。危機感を抱く市とキリンビールは、2007年からホップの里づくりの「TK(遠野×キリン)プロジェクト」に取り組んでいるが、昨年から「ビールの里」づくりにかじを切り、活動の幅を広げている。

写真説明=共同で行うホップの収穫作業(遠野市とキリンビール提供)

 [2017-8-4]