カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

遊休農地10.4万ヘクタール 2016年11月末 前年から3万ヘクタール以上減

 農水省は2日、2016年の農地利用状況調査(農地パトロール)の結果、同年11月末時点で遊休農地が10万4155ヘクタールとなり、前年から3万ヘクタール以上減ったと発表した。調査結果を1号、2号に分類するようになった2013年以降で最少。遊休農地の発生防止や解消に力を入れてきた農業委員会など関係者の努力が成果を出した。

 [2017-8-11]