カテゴリータイトル

アグリとサイエンス

すべての記事を読む

農業を科学するアグリとサイエンス 光で天敵を集め、害虫を減らす技術を開発

〜化学農薬が効かないアザミウマの防除にも期待!〜

 アザミウマは野菜や果物などの害虫で、主に化学農薬で防除されてきましたが、近年、農薬抵抗性を獲得した害虫が多く発生し、化学農薬のみに頼った防除が困難となってきています。そのような中で、天敵をうまく使って害虫を減らす技術が注目を浴びています。

写真説明=ナス露地栽培では紫色LEDを毎日夕方3時間照射(農研機構提供)

 [2017-8-25]