カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

ストップ鳥獣害(93) ジビエの利用拡大へ方針打ち出す 農水省

 厄介者の有害鳥獣。その捕獲個体を食肉処理した「ジビエ」を地域資源に活用する動きが広がりを見せるが、一般的な食肉と異なり消費までの一連の体制が整っていないことが安定供給を阻む壁となっている。そこで農水省は今年5月、新機軸となる「ジビエ利用拡大に関する対応方針」を策定。2019年度にはジビエの利用量を倍増させるという目標を掲げ、環境整備に乗り出した。

 [2017-8-25]