カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

病害虫「テンサイシストセンチュウ」 国内初の発生を確認

 農水省は1日、長野県原村の一部の圃場で、国内で初めてテンサイシストセンチュウの発生を確認したと発表した。この線虫は土壌を介して広がると知られており、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、野沢菜などのアブラナ属やテンサイなどを寄主とする病害虫。根に付着すると生育不良や収量減などの恐れがある。この線虫が付着した植物を食べても健康に害はない。

 [2017-9-8]