カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

2016年の耕地利用率91.7%

 農水省は8月29日、2016年の農作物作付(栽培)面積が田畑合わせ410万2千ヘクタール(前年比1%減)となり、耕地利用率は91.7%(同0.1ポイント低下)だったと発表した。飼肥料作物や雑穀(乾燥子実)の作付けが増えた一方、水陸稲(子実用)や果樹は減少した。

 [2017-9-8]