カテゴリータイトル

農政解説

すべての記事を読む

食農耕論 設立相次ぐJA出資型法人 農林中金総合研究所研究員 石田 一喜

 担い手の高齢化や後継者不在に伴い、農作業の受け手不足、農地の借り手不足が深刻さを増している。その範囲とスピードは、農業法人の規模拡大や集落営農の組織化、企業の農業参入などでカバーできる水準を超えており、多くの地域が新たな担い手を求めている。JA出資型法人の設立は、まさにこうした地域ニーズへの対応である。その動向を整理してみたい。

 [2017-9-8]