カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

FRONT LINE もち小麦 東北で産地化へ 盛岡地方もち小麦の郷づくり研究会

食感良くパンや餅に好適

 パンや菓子などに使うもち小麦の生産がじわりと広がっている。もちもち、つるつるとした食感が好評で小麦生産の新展開として産地化の動きも出始めた。もち小麦の生産には一定の条件が必要で、生産に適した地域は少ない。全国に目を向けると主に東北地方で拡大している。関係者は「小麦生産の新たな選択肢になる」と期待する。

写真説明=もち小麦を使った菓子パン

 [2017-9-8]