カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

冷凍牛肉SG 大きな影響なし 農水省

 農水省は9月28日、8月の発動から2カ月が経過した冷凍輸入牛肉への緊急輸入制限措置(SG=セーフガード)の影響について、市場は落ち着いているとの見方を示した。同省は「7〜8月の輸入量を平均するとほぼ前年同期並み。(市場に)大きな影響は出なかったのではないか」と話した。
 冷凍牛肉の8月の輸入量は、前年同期比で10%増加。現地の干ばつによって、今後の生産量低下が懸念されたことから豪州産先買いの動きが強まった。

 [2017-10-6]