10月2日付の主な記事

【農政面】
 ◇【解説】農業にもM&Aの波
 ◇【主張】2021年度概算要求 安定した食料供給のため予算確保を
 ◇【解説】農水省 2021年度概算要求は2兆7734億円 コロナ対応など20%増を求める
 ◇【解説】ルポ 2020年産米の作況と販売 全国の稲作経営者に聞く
 ◇【連載】つながるノウフク(5) 鹿児島・南大隅町 社会福祉法人白鳩会
 ◇群馬・高崎市で豚熱 飼養豚5390頭を殺処分
 ◇イチゴなど36品種が中韓で販売 品種登録期限過ぎ販売差し止め困難
 ◇バターの輸入枠 在庫増で削減へ
 ◇日本農業技術検定 申し込み11月5日まで
 ◇農水省人事
 ◇【連載】農業春秋 京都大学大学院教授 藤井聡 菅政権の改革路線に警戒せよ
 ◇【連載】俳壇
 ◇【人】「あんぽ柿」農家 新潟・佐渡市 大場幸恵さん
 ◇【クローズアップ】2021年度農林水産予算概算要求など(1)
 ◇【連載】「農人伝」ハーブ栽培の第一人者 霜多増雄(4) 茨城・取手市
 ◇【連載】「つれづれ農日記」海道瑞穂 
 ◇【深層】関税割当特別枠を設けず 対EU並みで日英EPA

【経営・技術】
 ◇アスパラの茎 L字に倒して収穫省力化 広島県農業技術センター
 ◇【連載】販売促進相談Q&A コロナ禍で今後の消費をどう捉えるか?
 ◇【連載】「ゼミナール」コロナ禍での販売戦略(3) フルーピング 
 ◇【新商品】中腰姿勢が楽になるパワーアシストスーツ ダイヤ工業(株)
 ◇【新品種】果実大きく、自家和合性で受粉樹不要な梅 農研機構
 ◇【新商品】パワフルなバッテリーチェンソー2機種 ハスクバーナ・ゼノア(株)
 ◇【話題】柿渋が新型コロナウイルスを不活化 奈良県立医科大学

【農業委員会】
 ◇後継者対策や遊休農地対策を重点に 山口・萩市農業委員会
 ◇【ストップ鳥獣害】(236) 生体捕獲用大型囲い罠 北海道・石狩地区鳥獣被害対策広域協議会
 ◇【郷土食材レシピ】山口県 はなっこりーのケークサレ
 ◇【農委活動の道しるべ】経済の切り口から食品を理解する(5) レモン市場
 ◇【農地の法律相談】遺留分侵害額請求に係る農地法の取り扱い