新着情報

地域農業の将来を考えてみませんか~進めよう!「人・農地プラン」の実質化~改訂版【R02-17】2020/07/31刊行。

地域農業の将来を考えてみませんか~進めよう!「人・農地プラン」の実質化~改訂版【R02-17】が2020/07/31に刊行されました。

地域農業の将来を考えてみませんか~進めよう!「人・農地プラン」の実質化~ 改訂版

図書コード R02-17
規格 A4版 8頁
定価 100 円
発行日 2020/07/31
このサイトで注文する

地域農業の将来方針を決める話し合いを地域が一体となって取り組む! 「人・農地プラン実質化」のステップをわかりやすく解説!

 農地中間管理機構、JA、土地改良区、市町村、農業委員会など、地域が一体となって「人・農地プラン」を核に農地の利用集積・集約化を推進していく取り組みが大切です。  このリーフレットでは、「人・農地プランとは何か」から、地域の関係機関が一体となって取り組むべき「意向把握」や「話し合い活動」などの『人・農地プラン実質化』のための流れを5つのステップに分けてわかりやすく説明しています。  地域の研修会や説明会の場はもとより、関係する皆さんに、広くお読みいただきたいリーフレットです。

目次

○はじめに 
・地域が一体となって話し合いに取り組もう
・人・農地プランの実質化とは?
○ステップ1 アンケートや戸別訪問による
意向把握
○ステップ2 地図化による現況把握
○ステップ3 話合い活動の実施
○ステップ4 「人・農地プラン」の決定・実質化
○ステップ5 「人・農地プラン」の実行