列島最前線 年貢を納めて村民に 故郷のない都会人が田舎持てる仕組み 秋田・五城目町 「シェアビレッジ」

 年貢を納めて村民になろう――各地に残る古民家を舞台に100万人の“ふるさと回帰”を目指す若者がいる。「年貢」とは古民家を宿泊拠点などとして再生するための原資で、インターネットを活用した出資手法で全国から募る。「寄合」「一揆」など近世の農村にちなんだ“仕掛け”を創出。都会人も気軽に田舎を“持てる”仕組みに仕立てた。

写真説明=五城目町の古民家を改装したシェアビレッジ前に立つ武田さん