耕作放棄地発生防止・解消活動表彰

1.目的

耕作放棄地の発生防止と解消は、日本農業が当面している諸問題の中でも対応が急がれる重要課題です。 耕作放棄地の発生防止と解消のためには、農業者をはじめ行政機関、農業団体などすべての関係者が、農地を社会が共有する宝として大切に保全管理し、有効利用するという気運を醸成することが重要です。 本事業は、農業・農村現場において耕作放棄地の発生防止・解消活動を展開する団体等でその取り組みや成果が他の模範となる者を顕彰し広く普及することにより、今後の耕作放棄地の対策の促進に寄与しようとするものです。

2.主催

一般社団法人全国農業会議所
全国農業新聞

3.後援

農林水産省

4.応募資格

概ね3年以上にわたり、耕作放棄地の発生防止・解消活動を実施している農用地利用改善団体、集落営農組織、農業委員会、JA、農業法人、農業参入企業、NPO法人、市町村農業公社、土地改良区、市町村等の活動主体(個人は対象としない)とします。

5.応募の方法

応募は自薦・他薦を問わず広く公募することとし、応募申込者は別紙様式1の応募申込書および活動実績報告書により必要事項を記入の上、紙媒体および電子媒体を都道府県農業会議に提出して下さい。

6.応募締め切り

平成29年6月30日(金)までに都道府県農業会議に提出して下さい。

7.審査方法

(1)都道府県毎に、「農業委員会(分類1)」、「農業法人、農業参入企業(分類2)」、「その他(分類3)」の3つの活動主体分類ごとに最も優れたものを都道府県農業会議が審査会等において選定し、全国農業会議所に推薦する。 (2)全国段階において審査会を実施し、受賞組織を決定する。

8.表彰

農林水産大臣賞 1点
農村振興局長賞 1点
全国農業会議所会長賞 8点
全国農業新聞賞 都道府県代表
ただし、全国農業会議所会長賞の中で特に優れたものがあれば、全国農業会議所会長特別賞を出すことができます。

9.表彰式

(一社)全国農業会議所が2018年5月末に開催する「全国農業委員会会長大会」において表彰を行います。 農林水産大臣賞、農村振興局長賞、全国農業会議所会長賞(特別賞を含む)の受賞者の代表者1名を全国農業委員会会長大会に招待します。

※詳しくは、下記応募要領をご覧下さい。
○2017(平成29)年度第10回耕作放棄地発生防止・解消活動表彰事業応募要領【PDF】
○2017(平成29)年度第10回耕作放棄地発生防止・解消活動表彰事業応募要領【Word】
○耕作放棄地発生防止・解消活動表彰事業実施要領【PDF】

過去の受賞組織

お問い合わせはこちら一般社団法人  全国農業会議所

住所
東京都千代田区二番町9-8
電話
03-6910-1121(代表)
FAX
03-3261-5131

お問い合わせフォーム
はこちら→