「農業者年金制度」とは?

   農業者年金制度は、「農民にもサラリーマン並みの年金を」というスローガンのもと、農業委員会組織として350万人の署名を集めるなど、農業者のエネルギーを結集して運動し、1970年に農業者の年金として制定されました。
 2002年1月から、「積立方式」(確定拠出型)を採用する政策年金として生まれかわりましたが、JA組織などとも連携して農村現場への周知徹底と加入推進を行っています。
 また、農業者年金の加入者・受給者の自主的な組織である「のうねん倶楽部」の事務局として農業者年金を守り育てるための支援をしています。

                          

「農業者年金」にはメリットがいっぱい!
~農業に従事する方なら広く加入いただけます~

農業者だけが加入できる農業者年金は、会社員並みの年金となるよう国民年金に上乗せする公的年金であり、農業者にとってたくさんのメリットがあります。

<農業者年金の6つのポイント>
①農業者の方なら広く加入できます。
②少子高齢化に強い積立方式(確定拠出型)の年金です 。
③保険料は自分で選べ(2万円~6万7千円)、いつでも変更できます。
④終身年金。80歳前に亡くなった場合は死亡一時金が遺族へ支給されます。
⑤保険料の全額社会保険料控除など税制面の優遇措置があり、節税効果があります。
⑥認定農業者など意欲ある担い手には保険料の国庫補助があります。




独立行政法人農業者年金基金のホームページはこちら