農業技能評価試験受験上の注意事項と事前準備(初級)

1.受験上の注意事項

 
(1)試験開始30分前から受付を開始します(15分前に着席できるようにお越しください)。
(2)遅刻者は原則、試験開始後15分以内に限り受験を認めます(交通機関の事故等の場合は1時間以内)。
(3)試験中、不正行為があった場合には「0点」とし、再試験は認めません。
   ※不正行為の例:カンニングをする、答えを教える、答えを教えてもらう、
   問題や解答を受験票などに書き写すなど
(4)試験中、他に迷惑になる行為を行った受験生は試験を停止し、再試験を認めません。
(5)健康上の理由等で欠席する場合は再試験を認めます。
(6)筆記用具(鉛筆またはシャープペン、消しゴム)を準備の上、作業のできる服装でお越しください(女性の方はスカートでの受験をご遠慮ください)。
(7)試験室へ持ち込めるのは、筆記用具と受験票のみです(携帯電話、カバン等は持ち込み不可)。
(8)監理団体および実習実施者(農家)は、責任をもって技能実習生の送迎をお願いします。
(9)試験科目が複数ある場合には、ご案内した試験開始時間がずれることもありますので、ご了承ください。

2.通訳

試験は日本語で行います。試験中、通訳の入室はできませんが、試験を円滑に行うため、試験開始前の「試験の注意事項」の説明時には通訳の立ち会いを認めております。通訳の手配は監理団体で行ってください。

3.初級試験の事前準備

監理団体は、「養鶏」の実技試験に使用する次の試験資材を準備して、持参してください。

タマゴ:20個(正常卵) トレー2枚

*「養豚」「酪農」「施設園芸(キノコ含む)」「畑作・野菜」は、事前に準備する資材はありません。