技能評価試験TOPページに戻る

受験(初級)の申込方法

(1)「受験申請連絡票」を外国人技能実習機構へ提出

外国人技能実習生が「技能実習1号」から「技能実習2号」への移行を希望する場合、技能実習1号期間が終了する6か月前までに、外国人技能実習機構に「受験申請連絡票」を提出します(様式は外国人技能実習機構のホームページからダウンロード)。

(2)農業技能評価試験受験申請書(初級)の提出

外国人技能実習機構を経由して全国農業会議所へ「受験申請連絡票」が到着しましたら、全国農業会議所は「農業技能評価試験受験申請書(初級)」の提出依頼と受験料の請求書を監理団体へ送付します。

監理団体は、外国人技能実習生の「農業技能評価試験受験申請書(初級)」を取りまとめて、全国農業会議所へ提出します。

「受験申請書」は、全国農業会議所ホームページからダウンロードしてください。

「受験申請書」に必要事項を記入のうえ、顔写真を貼り付けるとともに、添付書類として「在留カード」の写し、「パスポート」の写しを裏面に貼り付けます。

(「受験申請書」はここをクリックしてダウンロード)

(3)受験料の振込

監理団体は、農業技能評価試験受験申請書の提出と一緒に送付された受験料請求書に基づき、受験者数分の受験料をまとめて全国農業会議所の定めた銀行口座に振り込んでください。

実習実施機関ごとに振り込みをされますと、入金確認が困難ですので、必ず監理団体でまとめてください。また、数回分の受験料を一緒に振り込む場合には、金額明細をFAX等で事務局にご連絡ください。

なお、受験票を発送した後のキャンセルについては、①全国農業会議所の責めに帰すべき理由がある場合、および②自然災害等により試験が実施できない場合(代替の試験が実施された場合を除く)を除き、受験料は返戻しません。

(4)全国農業会議所から受験案内の送付

全国農業会議所は、試験実施日時、試験場所を記した受験案内および農業技能評価試験受験にあたっての注意と準備等を監理団体へ送付します。

(5)受験票の送付

全国農業会議所は、受験料の入金を確認した後、試験実施日の約2週間前を目途に受験票を監理団体へ送付します。

1週間前になっても受験票が届かない場合には、事務局へお問い合わせください。

(6)不合格者の再試験

学科試験、実技試験の一方または両方の不合格者は、希望すれば、再試験を1回に限り受験できます。再試を希望する場合、監理団体は「再試験申請書」(初級)を全国農業会議所に提出します。再試の受験料は1回目と同額ですが、再試を単独で実施するとき受験料のほかに交通費を徴収します。

「再試験申請書」は、下記からダウンロードしてください。

(「再試験申請書」はここをクリックしてダウンロード)

農業技能評価試験(初級)の申請書ダウンロードはこちら