技能評価試験TOPページに戻る

受検手続きの流れ

(1)外国人技能実習機構の「受検手続支援サイト」で申請

監理団体は、外国人技能実習機構(OTIT)の「受検手続支援サイト」で受検申請を行ってください。

なお受検の申請は、技能実習計画の認定を受けたら速やかにすることとされております。

・第1号技能実習に係る申込みは、認定を受けたら速やかに、遅くとも技能実習修了の6か月前まで。
・第2号技能実習及び第3号技能実習に係る申込みは、認定を受けたら速やかに、遅くとも技能実習修了の12か月前まで

受検手続支援サイト(外国人技能実習機構)
https://www.juken.otit.go.jp/

(2)監理団体マイページの利用登録

監理団体マイページを初めて利用する監理団体へは「利用登録のご案内」メールが届きます。
メール本文にしたがって利用登録を行ってください。「利用登録のご案内」メールは(1) で申請した受検希望期間の約2ヶ月前に受検手続き支援サイトに登録されているメールアドレス宛てに送信いたします。

監理団体マイページ 操作マニュアルは こちら

(3)請求書のダウンロード、振込

受検手続支援サイトで登録した受検希望期間の約2か月前に請求書発行メールが届きます。
マイページにログインのうえ、請求書のダウンロードと受検料の振り込みをお願いします。
振込期日は試験日の3週間前です。

(4)受検申請書の提出

①WEB申請の場合
マイページからWEB申請を選択します。必要事項を記入・選択し、顔写真をアップロードしてください。期日は試験日の40日前です。
②受検申請書(紙の申請書)の場合
マイページから受検申請書を選択肢、ダウンロードします。必要事項を記入のうえ、顔写真とパスポートの写しを貼付して全国農業会議所へ郵送してください。期日は試験日の40日前です。
※受検申請書の提出方法は、8月1日以降はWEB申請のみとなりますのでご注意ください。

(5)試験日程の確認

試験日程が確定すると試験日・会場の案内メールが届きます。マイページにログインのうえ確認してください。

(6)受検票のダウンロード、印刷

試験日の 2 週間前に受検票発行の通知メールが届くので、マイページで受検票をダウンロードのうえ、 印刷したものを試験日当日持参してください。
(受検申請書が未提出の場合や受検料の振り込みが確認できない場合には、受検票は発行されません)

(7)不合格者の再受検手続き

不合格者は再受検を技能実習期間内において1回に限り受検できます。
試験日から2週間以内に再受検対象者の通知メールが届くので、マイページから該当者を確認してください。再受検を希望する場合は、外国人技能実習機構の「受検手続支援サイト」から申請してください。再受検を希望しない場合は、マイページから「再受検取下」を押してください。

なお、通知する再受検対象者は以下の場合となります。
【初級】
  学科、実技のいずれか一方または両方が不合格の方
【専門級・上級】
  実技が不合格の方(学科のみ不合格の場合には通知されませんが、学科の再受検を希望の場合には「受検手続き支援サイト」から申請してください。)

(8)試験結果の確認

試験日から2週間以内に試験結果の通知メールが届くので、 マイページから試験結果を確認してください。なお、合格している場合には監理団体へ合格証明書を郵送いたします。

お問い合わせはこちら一般社団法人 全国農業会議所 農業技能実習評価試験事務局

住所
〒102-0084東京都千代田区二番町9-8
中央労働基準協会ビル
電話
03-6910-1125
FAX
03-3265-5140

お問い合わせフォーム
はこちら→