日本農業技術検定試験のメニューに戻る

日本農業技術検定試験 合格者体験記 平成30年度

社会人になっても日本農業技術検定へ取り組む(JAハイナン)

 営農指導体制強化のため、JA職員の資質向上に日本農業技術検定試験を活用する。

 JAハイナンは、静岡県南部大井川の下流で御前崎半島に隣接する榛原郡南部の3農協(南榛原・榛原・ハイナン吉田)が平成5年に合併して誕生した農協です。当該地域は気候などの自然条件に恵まれ、レタスやミカン、花卉の生産のほか、茶の生産が盛んです。その中でも管内である大井川西岸に広がる牧之原台地は、わが国最大の茶生産地となっており、そこから生産される茶は最高の味と香りを誇っています。
 しかしながら、お茶の価格は高級茶の価格の低迷と4番茶を利用したペットボトル茶の普及・多様な飲料の消費拡大により、市場環境が大きく変動しています。当該農協としては、営農経済部が中心となって農協としての営農強化体制を図ることとし、平成30年12月に6チームの作物別指導体制を再編し、併せて人材の資質強化を進めることとしました。日本農業技術検定は、その準備として農業技術員、農業アドバイザーを対象に平成30年7月に2級25名が受験しました。結果は15名合格と好結果でした。農協では過去問題を配布し、職員は仕事の合間に独学で勉強しましたが、6科目が選択できる試験なので日頃の業務経験が活きたそうです。 農協の営農指導廻り(TAC)時に農家と話しても農業技術についての共通の認識が維持され、試験結果は農協理事会でも報告され、合格者は農協内で紹介されたとのことです。

写真1.jpg

農業技術の知識取得の動機付け、勉学の到達度判定に効果的(名城大学農学部)

 名城大学農学部附属農場は名古屋市北に隣接する春日市にあります。農場実習は農学部学年定員約330名のうち、生物資源学科約110人が2年次で必須単位となっているほか、応用生物化学科や生物環境科学科の1年次・2年次の約180人が選択科目(農場実習・食品実習を含む)となっています。 農場の敷地は13haと広く、農地は10haを占め、作物(水田1ha),果樹、蔬菜、花卉、造園(竹類の見本園は全国有数)、畜産(鶏、牛)など6分野を網羅し、農場職員も教授1名、准教授4名、教職員のべ28名とかなりの体制となっています。
 同大学の卒業生は農業関連企業のほか、管内のJAや公務員として就職をすることが多いとのことです。日本農業技術検定については、平成30年第2回検定の2級団体受験から始めましたが、元々農業に馴染みのない学生が学科の授業や農場実習の体験だけでは制限がある中で、広く農業技術の知識を取得する上での動機付け、また自身の勉学の到達度の判定に役立てばという考えから取り組んだものです。就職するにあたりキャリアは必要ですし、JAや公務員(農業)に進んでも農業現場での共通の基礎的知識は求められるので、こうした検定試験の活用も農業技術の知識を取得する上での動機付け、また自身の勉学の到達度の判定に効果的であると認識しています。

写真2.jpg

朝のHR前の学習も実施して「全員合格」に取り組む

 東京都立農産高等学校 食品科 松橋彩子

 本校では平成27年度から毎年12月に、2年生全員が3級を受験しています。園芸デザイン科、食品科各2クラスの合計140名全員合格を目標に取り組んでいます。平成30年度には最優秀校に選ばれ「全員合格」に大きく近づきました。 農業技術検定受験は普段の農業科目の復習として位置付けています。教材は、1年次当初に「過去問題集3級」「3級テキスト」を購入します。学習内容が科目「農業と環境」「食品製造」と重複する部分も多く、学習の定着を図るためにも活用しています。
 2年次からは試験の準備を始めます。本格的な試験対策は直前の11月から行います。3級は、知識を問う問題が出題されますので、くり返し学習をすることが合否を大きく左右します。2学期の授業の一部に、過去問を解く時間を設け、教員で分担し解説するなどしています。本校では朝のHR 前に毎日10分間、朝学習を実施しています。HR担当の協力も得て、この時間も受験勉強に充てています。しかし、基本的には、学校が勉強のペース配分を示し、成果を上げるための努力は生徒個人に委ねるスタイルをとっています。
 後半は、短時間で効率良く合格を狙う指導をしています。例えば、本校食品科の場合、「選択問題・食品系」の問題の殆どが、授業で学習済みで、生徒にとって難易度の低い問題が出題されているため、正答率100%を目指します。一方、「共通問題」は馴染みのない項目が複数出題されます。具体的には、害虫や農業機械についてです。生徒にとっては実際に見たことのないものが多いため、余裕がなければ試験対策から省いて良いと指示しています。害虫の種類1つに苦戦するのであれば、得意分野の「食品系」問題10題を確実に仕上げる時間に使う考え方です。農業技術検定3級の合格ラインは正答率60%が目安とされています。過去問を解く段階で、平均的に8割程度正答できることを目標として試験に備えます。 今年度から新たに個人表彰も設けられたそうです。本校の生徒にも、より高得点を目指している生徒もいます。「全員合格」並びに「個人表彰」両立を実現し、令和元年の初タイトルを狙います。

日本農業技術検定試験 合格者体験記 平成29年度

大都会東京の農業を支えるJAの人材育成のため日本農業技術検定を推進

 JA東京中央 営農経済部 西貝洸輝

 JA東京中央は平成8年に世田谷区、杉並区、大田区の6つのJAが合併して誕生し、大田区、品川区、世田谷区、目黒区、杉並区、新宿区など東京でも特に人口の多い地域を事業区域として、農業の発展と地域社会への貢献を目的としています。
 当JAの職員数は約330名で本支店15店舗があり、これまで営農経済部が主に営農指導員を対象として各種研修会を実施していましたが、平成28年度から研修の到達点の確認のために日本農業技術検定に取り組んでいます。
 平成29年度は第1回、第2回の合計で3級52名、2級32名、1級2名が受験しました。営農支援課が当初は窓口になりましたが、現在では金融・店舗の職員も検定に取り組み、組合員と接しても以前と比べてより相互理解ができるようになりました。なお、本検定の受験経費については世田谷区産業振興公社から各種資格取得の助成事業の適用を受けています。

「一致は力なり」―クラスで目標を共有することが大きな結果を生み出す

 大分県立三重総合髙等学校 3年3組担任 吉松泰介

 大分県立三重総合高等学校は、地域の4校が発展的に統合し平成18年4月に開校した学校です。今回2級最優秀校を受賞した生物環境科は1年次の1月に3級を受検し、40人全員合格、平均点84.3点を達成したクラスです。「一致は力なり」のクラス目標の下「やろう」という呼びかけに即応じる行動力のあるクラスだと感じています。
 2年次は修学旅行と日程が重なり受検はできませんでしたが、3年次に全員で2級を合格し、その勢いで進路目標も達成しようを合い言葉に放課後の補習や日々の課題に取り組んできました。進路指導や農業クラブ連盟事務局校として県大会の運営などに時間を割かれる中、クラス全員で受検した7月は23人が合格(合格率58.9%)、希望者受検の12月は6人が合格し、クラス39人中29人の生徒が2級を取得(取得率74.4%)という結果は健闘したと思っています。
 「日頃の授業の取り組みが検定結果につながるという信念から、検定対策のためだけの授業はしない」「実習時の一つ一つの作業の意味を理解させる」「1人1人が集団の成員としての自覚と責任感を持ち、目標達成に向けて最後まで諦めさせない」ことを常に心がけ取り組んできました。クラス全員で目標を共有することで「合格したい」という気持ちではなく、「合格してみせる、合格しなければいけない」という雰囲気が自然と生まれ、励まし合いながら頑張っていました。7月の2級検定に合格できなかった生徒が16名いましたが、進路も決まり、いわば資格取得の意味が薄れる中、12月に再挑戦をした14名の生徒、1級を受検した8名の生徒が出たことは損得を抜きにした生徒たちの志の高さに担任として感銘も受けました。
 進路指導の面接練習で「高校時代で一番頑張ったことは何か、またそこから得たことは何か」という質問には、ほとんどの生徒が全員で本気で取り組んだこの検定のことを堂々とした表情で語っていました。仲間と目標を共有することの素晴らしさ、そしてその目標達成に向け個々が本気で取り組む姿勢の在り方を本検定で知ることができたと思っています。4月からそれぞれの進む道は異なりますが、それぞれの場面で今なすべきことに全力を尽くせる人間であり続けて欲しいと願います。

日本農業技術検定試験 合格者体験記 平成28年度

農業技術検定試験 受験を推奨 職員の知識向上へ(JA東京中央)

日本農業新聞の記事に日本農業技術検定が取り上げられました。

JA東京中央は、日本農業技術検定協会が実施する日本農業技術検定試験の積極的な受験を勧めている。7月中旬には3級に職員30人、2級に10人がJAで団体受験をした。JAは自己改革を実践する中で「農」と「相談」でつながるJAづくりを目指し、主に営農経済担当職員が同試験を受験していた。昨年からは農業の知識を深めてもらおうと全職員に受験を呼びかけている。これまで、3級39人、2級4人が合格している。受験した職員は「農業を本格的に勉強する機会がなかったが、受験をきっかけに勉強する意欲が湧いた合格のためではなく、勉強して得た知識を農家に伝えていけるようにしたい」と話した。(東京中央)

元記事はこちらから

2級合格の秘訣は、少数精鋭で早朝補習!

愛知県立佐屋高等学校 農場長 亀嶋浩之

   本校は、大学科農業(園芸科学科1学級、生物生産科1学級)と大学科家庭(生活文化科2学級、生活情報科1学級)を併置している全国でも珍しい農業と家庭の専門高校です。農業を学ぶ生徒は1学年2学級で、愛知県の農業高校の中では規模の小さい学校に入ります。両学科共に動植物の生産を中心とする生産系の学科です。教育目標である「食料生産や動植物の利用に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、農業経営や関連産業で活躍できる人材を養成する。」を達成すべく、日々農業学習に励んでいます。日本農業技術検定に取り組んでいるのはこの2学科で、2年生の7月に全員(80名)が3級を受験し、3年生は12月に希望者(25~30名程度)が2級を受験します。3級の合格率は例年80~85%(全国平均は60%)ですが、2級の合格率が約70%(全国平均は20%)と非常に高くなっています。
   本校の指導方法は、2年生の年度当初に3級のテキストと過去問題集を全員が購入し、農業の各科目で分野を分担して、日頃の授業の中で教科書とテキストを照らしあらせながら学習します。同時に過去問題も解かせながら知識を深め、アクティブラーニング形式の授業を展開していきます。そして、夏休みや冬休みの宿題としても課しています。もちろんこの学習内容は、年間5回の定期考査の範囲に加えます。ですから、資格取得だけのために一時的に授業で取り扱っているわけではありません。そして、2級についてはさらに踏み込んだ学習を行います。3級合格者の中から特に点数の高い少数精鋭を選び、2級のテキストと過去問題集を使った通常授業に加えて、早朝補習(第0限、7:30~8:20)を農場長自ら行っています。2級の希望者は、主に農業クラブ活動に熱心な執行部役員や全国大会出場経験者がほとんどです。皆、4年制大学や農業大学校への進学のために非常に高いモチベーションを有しているので、テーマを与えて「調べ学習」をさせ、発表させると授業が効率よく進みます。
   2級の問題は、テキストや過去問以外の農業の今日的な話題からも出題されているため、早朝補習では、新聞やJA等の資料も参考にしています。特に最近は、「農業経済」や「農業経営」の分野からの難問の出題が多いため重点的に行っています。また、農業鑑定の学習とも関連させ、授業でプレゼンテーションを行うとき、過去に出題された動植物の写真と比較し、チェックしていきます。 このように、日本農業技術検定合格に向けての年間指導計画を立て、資格取得の学習を通して農業に対する興味・関心を引き出し、農業全般の教養を身に付けさせることが進路選択の幅を広げることにつながっていくと思います。

農業技術検定難関1級学科試験合格、倉吉農高生2人合格 陶山さん、丸野さん (2017・2・9 毎日新聞鳥取版)

県立倉吉農業高校 陶山智美、丸野文音

   倉吉市の県立倉吉農業高校(田中正士校長)の女子生徒2人が、日本農業技術検定1級の学科試験に合格した。高校生の1級合格は県内初で、2009年の検定開始以来、全国でも2人目、3人目の快挙となった。【松本博子】
   倉吉農では1級に3人が挑戦し、昨年10月から2週間ごとに過去の問題を解いて疑問点や弱点を発見・克服する対策で12月の受検を目指した。簿記や経済、条約、時事など高校生に難しすぎる分野は農場長の吉田要さんが解説を書き指導した。授業や大学受験、農場の当番などもあるなかで見事に合格証明書を手にしたのが生物科3年、陶山智美(すやまちみ)さんと丸野文音(あやね)さん。陶山さんは、農の体験や思いをつづる今年度の第44回毎日農業記録賞でも全国優良賞に輝いている。
   陶山さんは「農業経営、マーケティング、農業・環境政策や時事問題を重点的に勉強しました。これから目指す人は受け身ではなく自分から、前のめりになって学ぶ意識を持ってほしい」。丸野さんは「コツコツ積み上げてきたことが結果として表れ、非常にうれしく思いました。過去問を解き、間違えた問題や気になる問題は徹底的に調べてノートにまとめた。友達と一緒に挑戦して互いに競争したら良いと思います」としている。

日本農業技術検定試験 合格者体験記 平成27年度

『一致は力なり』のクラス目標の下「40人全員で合格」を合い言葉に挑みました

大分県立三重総合等学校 教諭 吉松泰介

大分県立三重総合高等学校は、地域の4校が発展的に統合し平成18年4月に開講した学校です。農業科に位置づけられている生物環境科の1年生40人が3級を受験し、40人全員が合格、平均点84.3点という結果をもたらせてくれました。

「日頃の授業の取り組みが検定結果につながる」という信念から、日々の授業展開にこだわり指導してきました。放課後の補習、毎日・当日課題等に本格的に取り組み始めたのは検定の1ヶ月前でしたが、授業に集中して臨み理解していたため、この時点でほとんどの生徒が合格する力を持っていました。1人1人が集団の成員としての自覚と責任感を持ち、目標達成に向け取り組み、その目標を成し遂げた。このことに自信を持ち、さらなる向上心を持って可能性を追求して欲しいと願います。

職員の営農指導資質の向上には「日本農業技術検定2級」資格は有効

JAグリーン近江 人事課 吉原 克典

滋賀県のJAグリーン近江(正組合員8,750人 平成28年1月末日現在)では今年初めて日本農業技術検定を団体受験した。全体朝礼での理事長による紹介がきっかけだった。受験者数は総勢160人で農協全正職員451人の約3割強にも上る。試験結果は、2級には92人が挑戦し合格率は32%、3級には68人が挑戦し合格率は94%であった。

JAグリーン近江には本店のほか15の支店があるが、人事課が事務局となり営農事業部のTAC職員を中心に、支店の営農経済担当者や他の事業部の職員等、支店・事業部を問わず多くの者が受験した。

2級受験者の感想として「日本農業技術検定のことは受験するまで知らなかったが、農業の実地に役立つ問題が多く、職員の資質向上には有効な試験ではないだろうか」、「最近は農業経験のない職員も多いし、営農事業部以外の職員にも必要な知識だ」という声も聞かれた。

2年前には大規模ファ-マーズマーケット(きてか~な)がオープンし、600人ほどの出荷者から多品種の野菜・花卉・加工品が出荷されるようになった。また、管内では滋賀県特産の近江牛も飼養されており、職員の営農指導力強化がより一層求められている。

毎日の積み重ねが合格につながりました

静岡県立田方農業高校 食品科学科 食品加工コース 岩崎 朱子 

こちらをクリック

過去の合格者体験記は下記からお読み頂けます。
・平成26年度
・平成25年度
・平成24年度第2回
・平成24年度第1回

お問い合わせはこちら日本農業技術検定試験事務局

住所
東京都千代田区二番町9-8
電話
03-6910-1126
FAX
03-3261-5131

お問い合わせフォーム
はこちら→